Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hashizume/pub/newskura/wp-includes/post-template.php on line 316

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hashizume/pub/newskura/wp-includes/post-template.php on line 316

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hashizume/pub/newskura/wp-includes/post-template.php on line 316

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hashizume/pub/newskura/wp-includes/post-template.php on line 316

ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

ビジネス

八丈島の特産「ロベ」とは?出荷額・国内シェアがすごい!

投稿日:

八丈島の特産でなんと国内シェアが
ほぼ100%という「ロベ」。

正式名称は「フェニックス・ロベレニー」
または「シンノウヤシ」というヤシ科の
植物です。

八丈島がシェア独占

ロベというと何の植物だかまったくイメージ
湧きませんが、画像を見ればみんな納得。

【画像】フェニックス・ロベレニー

開店祝いなどのちょっと豪華な花束や
フラワーアレンジメントなどで見かける
葉っぱのやつですね。

このロベは葉だけの切り葉生産では
八丈島が国内シェアほぼ100%。

年間の出荷額が約10億円とのことで
まさに八丈島の特産品。

年間5000万枚も生産している
のだそうです。

観葉植物としても有名ですが、八丈島でも
年間6万鉢を生産し、3000鉢ほどヨーロッパ
向けに輸出しているそうです。

その生産額は1億5000万円ほど。

八丈島では重要な農産物
なんですね。

その歴史は?

このロベは八丈島に大正10年ごろに
持ち込まれたのだそうです。

歴史としてはけっこう古いんですね。

もともと東南アジアに自生する植物であり、
観賞用植物として人気があります。

かなり寿命の長い植物でジャワ島には
樹齢200年以上のものまであるそうです。

このロベを育てるには最低気温が
10~16℃ほど必要なため寒い地域では
育ちません。

八丈島の年平均気温は17.8℃ですから
ロベを育てる上ではうってつけだった
わけですね。

また、水分を好む植物のため、
降水量の多い八丈島は最適。

そのため、八丈島では年間通してロベの
生産・出荷を行っているのだそうです。

まさにロベ“様々”ですね。

実際に同島の八丈町ではロベを
「町の木」に制定しているほど。

もう切っても切れない縁ですね。

もし、お祝いなどでフラワーアレンジメント
をもらったり、目にする機会があって
そこにロベがあったら、「八丈島産なんだ」
と思い出してみてくださいね。

-ビジネス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

吉岡秀子の出身校・プロフィール・コンビニライターって?

コンビニ業界を追いかけて取材するライター 吉岡秀子さん。 自他共に認める“コンビニウォッチャー” なのだそうです。

no image

新井和宏(鎌倉投信)のプロフィール・「結い 2101」とは?

神奈川県鎌倉市の古民家を本社とする 投資信託会社・鎌倉投信。 同社の創業メンバーで資産運用部長を 務めるのが新井和宏さん。

no image

原昭彦(成城石井)のプロフィール・こだわりがすごい!

高級志向でありながら人気の スーパーマーケット・成城石井。 この成城石井の社長を務めるのが 原昭彦さん。

no image

カツオ一本釣り漁師・明神学武の経歴、日本一の秘密とは?

カツオの水揚げ日本一を誇る漁師の 明神学武さん。 「みょうじん まなぶ」と読みます。 カツオの一本釣りで、ここ10年のうち4度も 日本一の水揚げを記録。 まさにカツオ漁のキングですね。

no image

博多華味鳥の河津善博社長の年齢・出身高校は?

博多華味鳥(はかたはなみどり)ブランドで 福岡を中心に鶏肉販売と飲食チェーンを 展開しているトリゼンフーズ。 その社長を務めるのが2代目の 河津善博(かわつよしひろ)さん。