ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

スポーツ

蘇炳添が9秒99をマーク!どんな選手?これまでの記録は?

投稿日:

蘇炳添が9秒99をマーク!どんな選手?これまでの記録は?

男子陸上、米国・ダイヤモンドリーグ第3戦
で中国の蘇炳添(そ へいてん)が
9秒99をマーク。

黄色人種で初めて9秒台を突破する
快挙を成し遂げました。

どんな選手?

蘇選手は1989年生まれの25歳。

身長173cm・体重66kg。

意外と小柄なんですね。

今までアジアで開かれた数々の大会で
優勝している実力者。

ロンドン五輪にも出場し、
100mで準決勝まで進みました。

これまでの自己ベストは2013年に記録した
10秒06でしたが、今回記録した9秒99に
塗り替えられたわけですね。

通常は風速2.0m/s以上で追い風参考記録に
なりますが、今回は+1.5m/sの好条件。

やはりコンディション含め、いろいろな
条件が成り立って記録が生まれるん
でしょうね。

ちなみにこのレースでの優勝者は
米国のタイソン・ゲイで9秒88。

蘇選手は3位ということでゲイ選手に
引っ張ってもらったというのも
あるかもしれませんね。

しかし、それでも黒人選手との差が
0.1秒以上あるというのはトレーニング
では埋まらないDNAの差のような気も
しますね。

これまでの記録について

男子100mの世界記録はご存知
ウサイン・ボルト選手が2009年に
記録した9秒58。

日本人では1998年に伊東浩司さんの
記録した10秒00。

1998年って17年も破られて
いないんですね。

しかもこのときは追い風1.9m/s
とギリギリ。

やはり日本人が9秒台というのは
限りなく難しいことなんですね。

この伊東さんに次ぐ記録があの
桐生祥秀選手の10秒01。

ぜひ黄色人種の9秒台第1号は
桐生選手に達成して欲しかったですが、
今度は蘇選手の9秒99を抜くことに
期待したいところですね。

ちなみにアジアでは2007年に
ナイジェリア出身のフランシス選手が
9秒99を記録しているほか、2014年の
アジア大会でやはりナイジェリア出身の
オグノデ選手が9秒93をマークしています。

いやまぁ人種で差別するわけじゃない
ですけど、「ナイジェリア出身」
ですからねぇ。

やはり黄色人種の9秒台
というのは特別ですよね。

蘇選手の9秒台突破はまさにアジアの
男子陸上における歴史的な快挙。

ぜひ日本人選手もこれに続いて
9秒台の壁をどんどん超えていって
もらいたいものです。

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フアン・ニエベスがレッドソックス解任!選手時代・成績を紹介!

大リーグ・レッドソックスで投手コーチを 務めていたフアン・ニエベス氏が解任された とのこと。 現在、同チームには上原浩治、田沢純一 両投手が所属しています。

no image

高橋純平(県岐阜商)の出身中学・プロフィール

春のセンバツ甲子園大会に出場する 県岐阜商業の高橋純平投手。 今大会の注目の速球派投手です。

no image

小林尊(フードファイター)の年収は?結婚してる?

フードファイターとして日本でも 活躍していた小林尊(たける)さん。 現在は米国ニューヨークを拠点に 活動されています。

no image

桜花学園バスケットボール部井上眞一監督の年収は?

女子バスケットボールの名門・桜花学園。 インターハイで20回優勝しているほか、 ウィンターカップで19回、国体で17回もの 優勝を誇ります。 その桜花学園を率いるのが名将と名高い 井上眞一監督。

no image

東洋大・酒井俊幸監督の経歴、嫁・子供は?

近年、箱根駅伝で6大会中、優勝4回・2位2回 という驚異的な強さを誇る東洋大学。 その東洋大学で2009年から監督を務めるのが 酒井俊幸さん。