ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

国内ニュース

宮武伸一教授のBNCTの長所・短所は?治療を受けられる場所

投稿日:

ガンをピンポイントで治療できるとして
注目されるBNCT(ホウ素中性子捕捉療法)。

大阪医科大学脳神経外科で特任教授を
務める宮武伸一さんがその第一人者として
研究されています。

BNCTのメリット

このBNCTはガン細胞が取り込みやすい
ホウ素化合物を患者に投与し、
中性子線を照射。

すると中性子とホウ素が核反応を起こし、
ガン細胞のDNAを破壊し、死滅させるという
仕組みです。

いわばホウ素という爆弾を仕込んで
中性子で点火して爆発させるような
イメージですね。

中性子線の照射は
30分から1時間程度。

核反応時に生じるアルファ線とリチウム粒子
といった放射線はガン細胞内に留まるため
正常な細胞にはほとんど影響は出ません。

従来の放射線治療ですと周囲の正常な
細胞までダメージを与えていましたが、
BNCTではそういった副作用はほとんど
ありません。

宮武教授はおもに悪性脳腫瘍を対象に
この治療を行っており、通常の外科手術や
X線治療の患者は1年ほどの生存期間ですが、
このBNCTの治療を受けた患者はその倍以上
生存した人もおり、「完治」すら期待できる
とのこと。

まるで夢のような治療法ですね。

デメリットは?

BNCTのデメリットとしては、中性子が
人間の体の表面から8cm程度までしか
届かないこと。

治療対象となるのは主に脳腫瘍・皮膚ガン・
肝臓ガン・肺ガン・中皮腫など。

それ以上深い部分にできたガンについては
陽子線や重粒子線のほうが有効とのこと。

万能な治療法というわけでは
ないんですね。

治療費はいくら?

現段階では臨床研究のため治療費用は
研究費でカバーされる場合が多いようです。

ただ、治療を受ける病院によって
多少の違いはあるようです。

治療を受けるには?

このBNCTの治療は当然のことながら
原子炉が必要となります。

国内では茨城県東海村の
日本原子力研究開発機構、
京都大学の原子炉実験所などで
治療患者を受け入れています。

BNCTの医療機関と窓口

ただ、日本原子力研究開発機構は
震災の影響で停止しており、
現在、患者は受けれていないそうです。

原子力に対する逆風の中では
再稼動も難しいでしょうね。

ただ、原子炉を使わない加速器の開発も
進んでおり、すでに実用化に向かって
動いているようです。

原子炉は扱いが難しい上にリスクが
伴いますから、これからはこういう
加速器が主流になるんでしょうね。

組織内にまで増殖している治療が難しい
浸潤性のガンにも有効だというBNCT。

この分野の研究では世界でも日本が
リードしているのだそうです。

すばらしいですね。

ぜひBNCTで多くのガン患者の命が
救われるように、早く実用化が
進んでもらいたいものですね。

-国内ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

和田重次郎の経歴がすごすぎる!波乱万丈の生涯・子孫は?

北米で有名な犬ぞり使いだった 和田重次郎。 あまり知られていませんが、明治から大正に かけて海外で活躍した人物です。

no image

山岸昌一(久留米大学)の経歴・AGEを減らす方法は?

アンチエイジングで注目されるAGEの 研究に取り組む久留米大学の 山岸昌一教授。 このAGEは動脈硬化や心筋梗塞の一因にも なる物質なのだそうです。

no image

奥山恵美子が仙台市長を辞職!?出身校と家族をまとめ

現在2期目の仙台市長の職についている 奥山恵美子氏。 昨年12月の衆院選で仙台市青葉区選管が票を 水増しした問題で責任を問われています。

no image

田中了緒雅(満月マン)とはどんな人物?脱税でも起訴!

東京・日本橋近辺を清掃して回る キャラクター「満月マン」として 活動していたという田中了緒雅氏。 じつは霊感商法で訴えられているほか、 脱税でも起訴されています。

no image

近畿大学・井田民男教授のバイオコークスの課題とは?

新たなエネルギーとして注目される バイオコークス。 茶殻や廃材、もみ殻や生ゴミなど植物性の 廃棄物ならほぼすべてバイオコークスに 利用できます。 このバイオコークスを作り出したのが 近畿大学理工学部教 …