Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hashizume/pub/newskura/wp-includes/post-template.php on line 316

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hashizume/pub/newskura/wp-includes/post-template.php on line 316

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hashizume/pub/newskura/wp-includes/post-template.php on line 316

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hashizume/pub/newskura/wp-includes/post-template.php on line 316

ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

国内ニュース

松林千宏(お菓子勉強家)とは何者?コンビニが大好き?

投稿日:

お菓子勉強家という肩書きを持つ
松林千宏さん。

過去にテレビ東京「TVチャンピオン」の
「第二回コンビニ通選手権」および
「スナック&駄菓子通選手権」で
ともに優勝。

お菓子やコンビニについてまさに
ハンパない知識を持った方です。

コンビニ好きが仕事に!

松林さんはコンビニ好きが高じて
ローソンへ入社。

商品部で商品開発を担当していたそうですが
関連会社のアイ・コンビニエンス勤務となり
携帯などのIT系の業務を担当することと
なります。

商品開発は入社する際に念願だったそうで、
この異動はけっこうショックだったんじゃ
ないでしょうか。

しかし、そのアイ・コンビニエンスで
コミュニティサイト「謎のローソン部」を
立ち上げ。

これは「部員」と呼ばれる一般顧客から
商品への要望を広く集め、商品開発に生かす
という試みです。

実際に部員からの要望を生かした商品が
世に送り出され、ヒットしているのだ
そうです。

IT関連の会社に移っても商品開発に
貢献するあたりがさすがですね。

「謎の」とついているあたりも
ネーミングセンスを感じます。

2002年に始まったこの「謎のローソン部」は
現在も存続しています。

謎のローソン部サイト

通称:謎ローというそうですが、
入部するとメルマガ配信が
受けられるそうです。

興味のある方は入部してみては
いかがでしょうか。

みんなが認める実力者

ご結婚されたのか、「TVチャンピオン」で
優勝された際には松林さんの名前が
「高橋千宏」となっていますね。

いまだにネット上では「あの高橋千宏さんが
認めたお菓子」という情報が散見されます。

やはり「TVチャンピオン」の優勝者
ということで、そのお墨付きには
相当な権威があるんですね。

今後、松林さんのおすすめするような商品が
あったらぜひ注目したいですね。

-国内ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

横溝春雄シェフ(リリエンベルグ)のプロフィール

神奈川県川崎市にある 洋菓子店「リリエンベルグ」。 そのオーナーパティシエが横溝春雄さん。

no image

忽那賢志の出身高校・大学・家族は?

国立国際医療研究センターで 感染症の診療に当たる忽那賢志さん。 感染症のエキスパートとして メディアにもたびたび登場しています。

no image

伊400潜水艦の性能・戦績・現在は?

第二次世界大戦中に日本の海軍が建造した 巨大潜水艦「伊400」。 なんと近年、中国海軍が建造した032型潜水艦が 竣工するまで世界最大だったほどの大きさを 誇ります。

no image

鈴木貫太郎の子孫は?聖断で日本を救った名宰相

太平洋戦争中、最後の首相を務めた 鈴木貫太郎。 軍部の反対を押し切って終戦させた 救国の宰相でした。

no image

安冨歩(東大教授)のプロフィール!女装の理由は?

今や女装しながら講義する教授として 有名な安冨歩(やすとみ あゆむ)さん。 東京大学東洋文化研究所で教授を務める まさにエリート学者です。