Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hashizume/pub/newskura/wp-includes/post-template.php on line 316

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hashizume/pub/newskura/wp-includes/post-template.php on line 316

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hashizume/pub/newskura/wp-includes/post-template.php on line 316

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hashizume/pub/newskura/wp-includes/post-template.php on line 316

ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

国内ニュース

篠原真毅教授の宇宙太陽光発電(SPS)とは?その課題は?

投稿日:

京都大学生存圏研究所で教授を務める
篠原真毅さん。

宇宙にソーラーパネルを設置して
地上に電気を送電する
「宇宙太陽光発電」
の研究をしています。

宇宙太陽光発電とは?

そもそも宇宙太陽光発電とは
宇宙空間にソーラーパネルを
搭載した人工衛星を浮かべて
そこから地上に電気を送る
という技術。

通称「SPS(Solar Power Satellite)」
とも呼ばれています。

まるでSFの世界のようですが、
じつはこの構想自体は
およそ50年も前から
存在していたとのこと。

意外に歴史が古いんですね。

ソーラーパネルから地上に送電する際には
電子レンジや携帯電話にも使用されている
マイクロ波に変換。

そうして地上で受信したマイクロ波を
再び電気に変換するのだそうです。

宇宙空間ですので発電の際には
天気はまったく関係なし。

送電の際にもマイクロ波は
大気中の雲や雨などの影響は
受けないとのこと。

まさに無敵の発電システムですね。

現在、どこまで研究が進んでいるの?

現在、京都大学・三菱電機・
宇宙航空研究開発機構(JAXA)が
共同実証実験を行っています。

京都大・宇治キャンパスには研究のための
エネルギー伝送実験施設が設置され、
マイクロ波の伝送実験が行われています。

2020年までに衛星を打ち上げて、
2040年の実用化をめざしているとのこと。

想定している計画では発電所1基分
最大で100万キロワットだそうです。

それにしてもあと20年以上・・・。
やっぱり時間が掛かりますね。

まぁ長い目で見ましょう。

宇宙太陽光発電の課題は?

天候にも左右されない宇宙太陽光発電ですが
最大の課題はやはり「コスト」。

まずロケット1機飛ばすだけでも
一緒に大金が飛んでいきますからね。

ちなみにH-IIAロケットの打ち上げ費用は
85億~120億円とのこと。

失敗したらシャレになりませんね。

ほかにはソーラーパネルの効率化であったり
マイクロ波の送電も効率化が必要とのこと。

打ち上げたはいいけれど、
発電量がチョロチョロでは
コストに見合いませんからね。

まぁいずれにせよ研究開発には
莫大な費用が必要なのは確か。

それが50年も前から構想がありつつ、
実現しなかった最大の理由でもあります。

ただ、国内の原発の建設費用を見ると、
1基で3000億円とか4000億円という
金額が投じられています。

そういう費用をこの研究に費やせば・・・
なんて単純なものでもないでしょうが、
省資源国の日本では独自のエネルギー開発は
今後も必須でしょう。

篠原教授もこの宇宙太陽光発電が
実現することで世界のエネルギーをめぐる
争いがなくなればと夢見ています。

先は長いですが、ぜひ無限の発電システム
宇宙太陽光発電の実現に向けて
がんばってもらいたいですね。

-国内ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

宮武伸一教授のBNCTの長所・短所は?治療を受けられる場所

ガンをピンポイントで治療できるとして 注目されるBNCT(ホウ素中性子捕捉療法)。 大阪医科大学脳神経外科で特任教授を 務める宮武伸一さんがその第一人者として 研究されています。

no image

近畿大学・井田民男教授のバイオコークスの課題とは?

新たなエネルギーとして注目される バイオコークス。 茶殻や廃材、もみ殻や生ゴミなど植物性の 廃棄物ならほぼすべてバイオコークスに 利用できます。 このバイオコークスを作り出したのが 近畿大学理工学部教 …

no image

宮本和宏の出身高校・大学・結婚は?

現職の滋賀県守山市長を務める 宮本和宏氏。 任期満了に伴う今度の市長選に 唯一立候補を表明しています。

no image

松林千宏(お菓子勉強家)とは何者?コンビニが大好き?

お菓子勉強家という肩書きを持つ 松林千宏さん。 過去にテレビ東京「TVチャンピオン」の 「第二回コンビニ通選手権」および 「スナック&駄菓子通選手権」で ともに優勝。 お菓子やコンビニについてまさに …

no image

不倫スキャンダルの細野豪志の夫人と娘の現在は?

民主党代表選挙に立候補を表明した 細野豪志衆議院議員。 細野議員といえば山本モナさんとの 不倫スキャンダルで世間を騒がせ ました。