ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

*

渡辺謙の白血病は完治?元嫁の借金の原因は新興宗教!

   

今やハリウッドスターにまで登り詰めた
俳優・渡辺謙さん。

ハリウッド映画一本のギャラは1億円、CMも
一本1億円と言われ、まさに押しも押されぬ
スターとなっています。

白血病との闘い

NHK大河ドラマ「独眼竜政宗」が
出世作となり一気に人気俳優となった
渡辺さん。

しかしその2年後、
急性骨髄性白血病を発症。

角川春樹監督の映画「天と地と」も
途中降板せざるを得ませんでした。

急性骨髄性白血病は後天的な遺伝子異常に
より白血病幹細胞が発生し、白血病細胞が
増殖することで起こる病気です。

日本では10万人に7人程度、年間9000人が
罹患する病です。

この治療と言うとよく「骨髄移植」を
耳にしますが、いきなり骨髄移植を選択する
わけではないそうで、まずは白血病細胞の
完全な殲滅。

抗がん剤で体内の白血病細胞を殲滅して
一度ゼロの状態に戻して回復を待つという
治療法です。

渡辺さんも1年かけて治療に専念。

治療を続けながらではありますが、
一時俳優に復帰します。

ところが発病から5年後に再び発症。

じつは白血病とは白血病細胞がたった1個
だけでも発症するという恐ろしい病。

再発する場合も多いのだそうです。

そうして再び治療を行った渡辺さん。

一般的に5年経過すれば治癒とみなされる
そうですが、もう完全に回復された
ようですね。

実際にこの急性骨髄性白血病の
5年生存率は30%程度と低く、
完治された渡辺さんは非常に
幸運でしたね。

元嫁の多額の借金

渡辺さんは現在、女優の南果歩さんと
再婚されていますが、前妻とは2005年に
離婚しています。

この前妻との間にもうけたのが
俳優・渡辺大さんと女優として
ブレイクした杏さん。

渡辺さんが前妻と別れた理由は
2億円にも上る多額の借金だった
のだそうです。

この借金は渡辺さんが白血病になった際、
文字通り神にもすがる思いで前妻が
新興宗教「釈尊会」に帰依。

その後、渡辺さんが回復したことから
釈尊会に心酔し多額寄付を行うように
なったのだそうです。

自分の財布から支払っている分にはよかった
のですが、なんと子供たちの保護者からも
借金をしていたのだとか。

しかも「高配当の投資話」を持ちかけて
お金を借りていたそうで、やり口は
そのまま“詐欺”ですね。

重病の夫を思って、宗教にすがったのは
事実ですし、多少の同情を禁じえませんけど
この借金の仕方は許せませんね。

この釈尊会への寄付で税金も滞納し、
自宅は差し押さえ、渡辺さんと前妻は
2年の裁判を経て離婚に至っています。

まさに「家庭崩壊」という感じですね。

ちなみに前妻の借金は娘である杏さんが
返済したと言われています。

渡辺さんが重病に罹ったことから始まり、
そこから妻が宗教にハマり多額の借金を
背負った末に離婚。

今や世界を股にかけて活躍する人気俳優と
なった渡辺さんですが、じつに壮絶な過去
を歩んできたんですね。

スポンサードリンク

 - 芸能人