ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

*

北川悦吏子がかかった炎症性腸疾患とは?治療法は?

   

「あすなろ白書」「ロングバケーション」
「ビューティフルライフ」など数々の
ヒット作で知られる脚本家の
北川悦吏子さん。

自身が難病の「炎症性腸疾患」であることを
公表しています。

炎症性腸疾患とは?

炎症性腸疾患は長期に下痢、血便が続く
国指定の原因不明の難病。

この病気は潰瘍性大腸炎とクローン病
の二つがあります。

潰瘍性大腸炎は大腸粘膜に潰瘍やびらんが
連続して炎症する病。

クローン病は口腔から肛門までの全消化管に
慢性肉芽腫性炎症を生じる病。

さまざまな要因によって発症するため
原因は特定できないのだそうです。

さらに厄介なのは根治治療が
できないこと。

患者の多くは一生涯この病気と
付き合わなければならないのだとか。

大変な病気ですね。

データでは現在、国内で潰瘍性大腸炎が
現在13万人、クローン病が3.5万人という
数字が出ています。

そんなには多くない珍しい病気ですね。

治療方法は?

炎症性腸疾患には食事療法、薬物療法が
用いられます。

食事療法では香辛料などの刺激物を
控えるなどの指導が行われます。

薬物療法ではサリチル酸製剤が
使用されます。

いずれの治療も継続的に行われることが
必要で、治療をやめると再発する
ことが多いのだそうです。

そのため外科治療を行ってもやはり
かなりの確立で再発してしまうのだとか。

この病気で直接的に命を落とすことはない
ようですが、慢性的ですから精神的にも
辛そうですね。

北川さんの病状は?

北川さんはお子さんを出産後、ほどなくして
炎症性腸疾患が発覚。

やはりその闘病は10年にも
及んだのだとか。

その間もドラマの脚本を手掛けていたそうで
見えないところでじつは別の苦労があったん
ですね。

薬で治療を続けたものの、再発を繰り返して
いたそうで、ついに2010年に大腸全摘手術
を受けて、ようやく症状が落ち着いたのだ
そうです。

「大腸とっちゃえばいいんだ」と簡単に
思うなかれ。

大腸を全摘出すると食物繊維の
多いような食品は腸閉塞を起こす
可能性があるのでNG。

辛いもの・油っこいもの・炭酸飲料・
お酒・牛乳などで下痢しやすくも
なるのだとか。

つまり、常に食事制限が掛かっている
状態になるわけですね。

治療に対しての大きな代償となる
わけですね。

まだまだこれからも活躍が期待される
北川さんですから、とりあえずでも
症状が落ち着いてよかったですね。

今後も人気脚本家としての
活躍に期待しましょう。

スポンサードリンク

 - 芸能人