ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

*

入来智(元プロ野球)の現在は?妻・子供はいるの?

   

かつて近鉄や広島、巨人、ヤクルトなどを
渡り歩いた元プロ野球の投手・入来智さん。

かつて弟の祐作さんとともに兄弟で巨人に
所属していたこともありました。

転職続きの人生

入来さんは2004年に台湾のプロ野球チームに
所属したのを最後に現役を引退。

肩や肘に故障はなかったそうですが、
7度にわたる太腿の肉離れが原因だった
のだそうです。

7度ってすごいですね。

現役時代に一度結婚したものの、
その後離婚。

現役を引退して、その慰謝料や元々の浪費癖
のせいで貯金はゼロ。

故郷・宮崎に帰ったものの、コンビニの
バイトや日雇いの仕事で食いつなぐ状態
だったのだそうです。

それまで野球一本で生きてきた人間が
別の仕事をするといっても踏ん切りが
つかなかったんでしょうね。

そんな時、地元で高校時代に付き合っていた
現在の妻・聡子さんと再会し、再び交際に
発展し、結婚。

聡子さんの兄の経営する仕出し弁当屋で
働き始めます。

ところが、そこも2年で退職。

仕事をしていてもプロ野球選手だったという
プライドが邪魔したのだとか。

その頃すでに聡子さんとの間に娘さんも
生まれており、生活のためにはプライドも
何もないと思うのですが、やはりプロ野球
という一流の人生を歩んでしまうと何かと
難しいものなんでしょうね。

幸いにも聡子さんは美容院を経営しており、
すぐに生活に困ることもなかったようですが
入来さんはそれに甘えて定職に就かない
状態になったのだそうです。

有り体に言うと“ダメ夫”ですね。

退路を断って立ち直らせる意味で
聡子さんは美容院を閉店。

夫を思って自分の店まで畳むとは
立派な奥さんですね。

そうして、ようやく住宅メーカーの営業職に
就きますが、わずか1年で退職。

聡子さんも別れたほうが本人のためだと思い
別れ話まで切り出したのだとか。

弟はプロ野球のコーチに

対して弟の祐作さんは横浜で用具係を
していましたが、ソフトバンクから
声が掛かり、三軍の投手コーチに就任。

横浜の用具係をしていたときはキャンプで
ウナギを捕まえて話題になって
いましたよね。

やはり謙虚にひたむきに取り組んでいた
からこそ祐作さんにも救いの手が
差し伸べられたんでしょうね。

兄の智さんもかつてプロ野球の一軍の
マウンドに立っていたプライドなんて
早く捨てて、祐作さんの謙虚さや
ひたむきさに学んでもらいたいもの。

ぜひ最高の奥さんと小さいお子さんを大切に
第二の人生をしっかり歩んでもらいたい
ですね。

スポンサードリンク

 - スポーツ