ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

*

マイケル・サンデルのプロフィール!妻・子供は?

   

米国の政治哲学者
マイケル・サンデル氏。

ハーバード大学教授でもあり、
コミュニタリアニズムの
代表的論者でもあります。

プロフィールについて

サンデル氏はミネソタ州の
ミネアポリスの出身。

マサチューセッツ州にある全米でも
優秀な大学として知られる
ブランダイス大学を卒業。

卒業後は英国オックスフォード大学大学院に
進み、優秀な人材が選ばれるローズ奨学生
として同大で博士号を取得。

まぁとにかく優秀な人なんですね。

ブランダイス大を卒業した直後はまったく
進路が決まっておらず、やりたいことも
なかったのだそうですが、ぼんやり
政治家や政治記者など政治方面に
興味があったのだとか。

そんなときウォーターゲート事件を
きっかけに政治記者になりたいと思い、
オックスフォードへ進学。

そこで政治学のほかに哲学を勉強して
いたら、いつの間にかハマってしまい、
政治哲学の道に進むことになったのだ
そうです。

人間どうなるかなんて分からない
ものですね。

1980年からハーバード大学で政治哲学の
教鞭を執ります。

その頃、同大学の社会学者で
人文学センターの研究員の
キク・アダットさんと結婚。

2男をもうけています。

ちなみにアダットさんは
欧米の方ですが生まれは日本。

「キク」っていかにも
日本っぽいですよね。

サンデル氏がハーバードで教鞭を執ると
その講義が人気で受講生が殺到。

「Justice(正義)」という講義は延べ
14000人を以上の履修者数を記録した
のだとか。

楽しい講義には学生も集まりますよね。

その人気振りから同大は建学以来初めて
講義を一般公開しテレビで放送。

日本でも2010年、NHK教育テレビで
「ハーバード白熱教室」として
放送されました。

また米国政界でも当時のクリントン大統領
から要請されて意見を具申をしたり、
2002年から2005年まで、ブッシュ大統領が
設置した生命倫理委員会の委員も
務めました。

まさにキーパーソンとして
活躍されていたんですね。

野球が大好き!?

ボストンに在住のサンデル氏。

地元のボストン・レッドソックスの
大ファンで野球が大好きのなのだとか。

学者の顔とは別の一面ですね。

過去に少年野球のコーチもしており、
エラーをカバーしてアウトをとったら
スニッカーズ(お菓子)を全員に振舞う
というご褒美をあげていたのだとか。

物理的に子供のモチベーションを
上げようとする発想がいかにも
学者っぽいですね。

ちなみに息子さんが少年野球をしていたとき
にはチームの監督もしていたのだとか。

筋金入りの野球好きですね。

2011年、招かれて日本のプロ野球の開幕戦で
始球式を行う予定でしたが、震災により
試合が延期。

本人も始球式を楽しみにしているという
コメントを寄せていましたが、
それも叶いませんでした。

奥さんが日本に馴染みのある方ですし、
2010年に東大で行った講義も大盛況。

ぜひ日本のプロ野球でもう一度始球式を
務めてリベンジしてもらたいですね。

以上、マイケル・サンデル氏に
ついての情報でした。

スポンサードリンク

 - 海外ニュース