ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

*

ケビン・グレッグがレッズを戦力外!過去の成績・経歴は?

   

大リーグ、シンシナティ・レッズの
リリーフ投手のケビン・グレッグが
戦力外になったとのこと。

同投手は今シーズンからレッズに移籍し、
11試合で0勝2敗、防御率10.13と
振るいませんでした。

プロフィールについて

グレッグ投手は米国オレゴン州の出身。

現在36歳、選手としてのピークは
過ぎていると言っていいでしょうね。

1996年にオークランド・アスレチックスから
ドラフト15巡目(全体435位)で指名を
受けます。

メジャーデビューは2003年、移籍した
アナハイム・エンゼルスで果たしています。

2007年に移籍したマーリンズで32セーブを
挙げる大活躍を見せ、以降クローザーとして
毎年20以上のセーブを挙げています。

キャリアハイはブルージェイズに
所属していた2010年で37セーブを
挙げています。

その後、成績は下降線となり、2013年に
所属したカブスで33セーブを挙げて以降は
目立った活躍をしていません。

2012年にオリオールズと580万ドルで
契約したのが最高年俸。

日本円で6億円以上もらっていた
計算ですね。

今後は?

メジャー通算177セーブはなかなか立派な
成績だと思いますが、今シーズン11試合
チャンスをもらって防御率10.13では
解雇もやむなしというところでしょうね。

今後はどこかのチームとマイナー契約して
メジャー昇格を目指す道を選ぶのかも
しれませんね。

クビになるのが早いのも大リーグの特徴
ですが、多くのチャンスが転がっている
のもまた特徴。

セットアッパーやクローザー不足に悩む
チームに拾ってもらえるかもしれません。

身長198cm・体重104kgといかにも屈強な
アメリカン。

150キロ台のストレートにスライダー、
カットボール、フォーク、シンカーなど
球種も豊富。

36歳で老け込むには
まだまだ早いでしょう。

年俸が折り合えばひょっとしてどこぞの
金満球団が獲得して来日するなんてことも
ないとは言えないかも。

まだもう一花咲かせたいと本人も思っている
でしょうから、ケビン・グレッグ投手の
今後の動向に注目ですね。

スポンサードリンク

 - スポーツ