ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

*

栗田貫一が病気!?前頭側頭型認知症とは?治療法は?

   

番組で明かされたモラハラっぷりが話題にも
なったものまねタレントの栗田貫一さん。

別の番組で「前頭側頭型認知症」の疑いが
指摘されました。

前頭側頭型認知症とは?

前頭側頭型認知症は脳内の前頭葉と側頭葉の
神経細胞が少しずつ壊れていくことによって
引き起こされる認知症なのだそうです。

別名、ピック病とも呼ばれているのだとか。

その症状として性格の変化や異常行動が
あるとのこと。

抑制が効かずに何でも自分の思い通りに
行動してしまう、それがエスカレートすると
万引き・信号無視なども平気でしてしまう
のだとか。

万引きなら謝って済みますけど、車に乗って
信号無視されたら取り返しのつかない事故を
起こしかねませんよね。

ただ、認知症によくある物忘れなどはなく、
そのために周囲は「性格が変わった」としか
認識できず、発見が遅れるケースも多い
ようです。

さらにはこの病気にかかるのは
50代から60代が多く、若年層から
発症するのも特徴。

栗田さんもこの病気なんでしょうか。

まぁただ単に亭主関白なだけな
気もしますけどね。

当然、亭主関白な人がみんなこの病気という
わけではなく、この病気が発症すると
8年ほどで寝たきり状態になり、死亡する
のだそうです。

ただボケるという認知症のイメージとは
違って、怖いですね。

18歳から64歳までに発症した認知症の人を
「若年性認知症」と呼びますが、
その数は全国で約4万人。

前頭側頭型認知症はそのうちの4%、
1600人ほどなのだとか。

そこまで多い病気というわけでは
なさそうですね。

治療方法は?

じつは前頭側頭型認知症には
根本的な治療方法がありません。

現在のところ対症療法といった治療しか
できないそうです。

つまりは発症したら「為す術なし」
ということですね。

まぁ認知症の治療自体は徐々に進んできて
いますので、この前頭側頭型認知症にも
いつか治療薬などが開発される日が来る
かもしれませんが。

本当に病気なの?

栗田さんが本当にこの前頭側頭型認知症
なのかは不明。

あくまで「疑いがある」という
ことのようですね。

ちなみにこの病気の診断はMRIによる
検査で分かるそうです。

前頭葉や側頭葉が萎縮するのだそうですが、
そういった症状が認められたのでしょうか。

まぁいずれにせよこの病気が見つかっても
今のところ治療法はないわけですから
騒いでも仕方のないこと。

そうじゃなかったとしても「病気」という
ことにしておけば辛く当たられる奥さんも
気が楽になるのではないでしょうか。

どちらにせよ栗田さんの家庭でのモラハラ
っぷりは今後も変わることはないというのは
はっきりしていることですね。

スポンサードリンク

 - 芸能人