ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

*

鋸山日本寺の聖徳太子像が破壊!犯人は?

   

千葉県安房郡鋸南町にある
鋸山(のこぎりやま)日本寺で
同寺の聖徳太子像が破壊される
事件があったとのこと。

同寺は725年に開かれた古刹であり、
江戸時代に作られた1500体以上の
石仏があることでも有名です。

破壊した犯人は?

聖徳太子像は柵に囲まれていましたが、
破壊された当時、その柵の中にいた
20代後半と見られる男女が走り去って
行ったとのこと。

服装はサングラスにピンクのジャージ姿。

連休中に観光に訪れた若いカップル
という感じでしょうか。

【画像】聖徳太子像

石像の高さは127cmで胸の辺りを境に
上下に壊されていたのだそうです。

柵で囲まれていれば入ってはいけないこと
ぐらい分かりそうなものですが、興味本位で
立ち入ったんでしょうか。

仮に出来心で入ってしまい、石像を壊して
しまったとしてもその場から逃げるとは
人として良識を疑いますね。

この石像は1779年から1798年に渡り
大野甚五郎英令という名工が弟子と
ともに作り上げた1553体の石仏の
中の1体。

じつはこれらの石仏は明治期の
廃仏毀釈によって破壊され、
のちに修復されたものも
多いのだそうです。

それも残念な話ですが、現代に入って
こんな愚行によって破壊されるのは
残念というよりも憤りを覚えますね。

天罰覿面、こんなことをすればいずれ
自らの身の上に天罰が下るでしょう。

そうなる前に、というか良心の呵責が
あるならすぐにでも名乗り出て欲しい
ですね。

絶好の観光地

鋸山日本寺はもともと聖武天皇の勅詔により
行基によって725年に開かれた古刹。

開山から数えて約1300年って
歴史がありますね。

同寺はロープウェーで訪れる
自然豊かな山裾のお寺。

山頂からの眺めはまさに絶景。

【画像】現地の景色

さらに同寺といえば大仏。

【画像】大仏(薬師瑠璃光如来)

岩を彫って作り上げた31mの大仏は
岩を彫ったタイプでは日本一なのだとか。

31mとは見ごたえありますね。

やはりこちらも石仏1500体を製作した
大野甚五郎英令の作。

江戸時代当時に作られたものは痛みが激しく
昭和41年から3年かけて修復したのだ
そうです。

数々の石仏に大仏、山頂からの絶景と
まさに観光にはうってつけの場所と
いえますね。

思いがけず、石像の破壊でニュースになって
しまいましたが、ふつうに観光地として
楽しめる場所ですね。

癒しを求めている方は一度訪れてみては
いかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - 国内ニュース