ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

*

勝谷誠彦がうつ病を告白!原因と治療方法は?

   

ジャーナリスト・コラムニストとして
活躍している勝谷誠彦さんがうつ病
になったことを告白しています。

テレビでも時に過激な発言をする
コメンテーターとしてもお馴染みだけに
「意外だ」という声も聞かれます。

病状は?

勝谷さんによるとなんの前触れもなく
ある朝、突然うつ病になったとのこと。

朝になっても布団から起き上がれず、
朝食を食べることもできない状態。

原稿を書くのも忘れていて
コラムの担当者からのメールで
気がついたのだとか。

この症状だけではふつうは「ちょっと
具合が悪い程度だ」と思って
気がつきませんよね。

勝谷さんは作家の北杜夫さんが
同じ病だったこともあって
うつ病について詳しかったことも
あって気がつくことができた
のだそうです。

うつ病の原因は?

うつ病の原因についてはストレスが
引き金になるのではとも言われていますが
わからないことも多い病なのだそうです。

ストレス以外にも、もともとうつ病に
なりやすい性質だったり別の病気など
複合的な要因で発病するとも
考えられています。

うつ病になりやすい人は?

ものすごく生真面目な人や几帳面な人は
うつ病になりやすいのだそうです。

また、仕事熱心だったり責任感が
強い人も要注意。

ほかにも義理人情に厚く、気配り屋な人
もなりやすいそうです。

こうして見るととってもいい人、
仕事のできる人はうつ病になりやすい
ということになりますね。

逆に当てはまらないと
それはそれで凹みそうですが。

つまり、自分を追い込んでしまったり、
物事に感情移入してしまうような人は
危ないということですね。

治療方法は?

まずはゆっくり休むことが
大事だそうです。

うつ病という診断が下ったら、
スッパリと仕事も学校も休みましょう。

医学的な治療としては
抗うつ薬が処方されます。

1~3週間服用することで気分が高まり、
物事に意欲が湧き、不安や焦燥感を
取り除いてくれるとのこと。

2ヶ月から半年である程度の改善が
望めるそうですが、抗うつ薬の
継続的な服用が必要とのこと。

精神的な病ですから傷が治るようには
いかないわけですね。

どこを受診すればいいの?

病院は精神科、精神神経科、心療内科、
神経内科などで診てもらえます。

勝谷さんも「ちゃんと精神科を
受診すること」と述べていますが、
やはり早い段階で受診したほうが
回復も早いそうです。

体に異常はないのになぜか意欲が湧かない、
気分が落ち込む、マイナス思考になるなど
の症状があれば一度受診されてみては
いかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - 芸能人