ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

*

北野泰男の出身校・経歴・QBハウスが儲かる秘密とは?

   

料金税込み1080円、10分ほどで手軽に
髪が切れるQBハウス。

このQBハウスの運営会社キュービーネットの
社長を務めるのが北野泰男さん。

銀行員からキュービーネットへ

北野さんは大阪府東大阪市の出身。

大阪外国語大学(現・大阪大学)
を卒業。

大学までずっとバスケットボールに
打ち込んでいたのだそうです。

また学生時代、フランスなど海外で
放浪の旅をした経験もあるのだとか。

なかなかにアクティブな人ですね。

卒業後は日本債券信用銀行
(現・あおぞら銀行)に入行。

銀行に入った理由は
苦手な「数字を克服するため」
だったのだそうです。

ふつう数字に強いから銀行に入る
と思うのですが、真逆ですね。

同行に10年間勤務した後、
2005年キュービーネットに入社。

銀行員をしていたときに
声を掛けられたとのことですので、
いわゆる“ヘッドハンティグ”ですね。

入社後は財務部長、経営企画室長、
専務取締役管理本部長、副社長を歴任。

2009年、代表取締役社長に就任。

今やアジアにも出店しており、
全店舗あわせて600店舗に迫る
勢いで出店中。

その利用客は年間延べ1700万人!

1回1000円のカットを1700万人で
単純計算すると170億円!

「1000円カット」と侮るどころか、
これは儲かる商売でしょうね。

客を呼ぶ驚くべき戦略

QBハウスが主に出店しているのが
なんと“駅中”。

しかも立地はトイレの横。

「なぜトイレ?」と思いますが、
トイレを利用した人が洗面台の鏡を見て
自分の髪の長さが気になったまま
トイレを出ると、隣にはQBハウス。

そして、「髪切るか」と入店する
流れになるのだとか。

人の深層心理を衝いた
見事な“導線”ですね。

とある店舗は駅のホームに出店していて
電車待ちの間に髪が切れるように
なっているそうです。

QBハウスの戦略、恐るべし。

「10分1000円って、肝心のカットの技術は
大丈夫?」と思ってしまいますが、
研修センターで技術を学んで、さらに現場で
ふつうの5倍近い人数の髪を切っている
ので技術は確かなのだそうです。

北野さんはこの研修所に足を運び、
研修生の練習用に自らの髪を
切らせているのだとか。

献身的な社長ですけど、社長の髪を
切らされる研修生も緊張感ハンパない
でしょうね。

同社には理容師と美容師の両方がいますが、
法律上、同じ店舗で理容師と美容師は
働けないとのこと。

そのため理容師は男性客がターゲットの店へ
美容師は女性客がターゲットの店へ
というふうに振り分けしているそうです。

いろいろ工夫しているんですね。

なんと会社設立から19年連続で
成長を続けているという同社。

海外にも進出していますし、
その勢いは今後も続きそうですね。

スポンサードリンク

 - ビジネス