ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

*

ヒロ・マツダ(理容師)の経歴・本名・お店の値段は?

   

都内を中心にヘアサロンを展開している
理容師のヒロ・マツダさん。

厚労省から「現代の名工」に選ばれるほどの
テクニックを持っていらっしゃいます。

海外で修行した理容師

ヒロ・マツダさんは本名「松田磨貴人
(まつだまきと)」とおっしゃるそうです。

下のお名前がちょっと
読みづらいですね。

1974年に渡英し、ロンドンの
ヴィダルサスーンカットスクール
に留学。

その後、パリのアランインターナショナル
カットスクールへ留学。

ヨーロッパでカット技術を
習得したんですね。

名前がカタカナ読みなのも
留学経験からかもしれませんね。

そのテクニックにより
理美容コンテストで活躍。

1978年、第30回全国理容競技大会で優勝。

1984年に(有)ヒロ・マツダを設立し、
その翌年、(株)ヒムトを設立。

1987年東京都知事から職業訓練校に認定され
高等理美容技術専門校「ヒロ・マツダ・
トレーニング・シアター」を設立。

後進の育成をされていたんですね。

2003年に厚労省が「現代の名工」
として表彰。

その技能によって独自のカット技術を構築し
業界発展に多大な貢献をしたことが
評価されたのだそうです。

国内に数いる理容師のなかで
たった一人選ばれるというのは
まさに天才的な腕と優れた感性の
賜物なんでしょうね。

還暦を超えての挑戦

60歳を超えてからヒロ・マツダさんは
新しいコンセプトの理容サロン
「THE BARBER」を設立。

サラリーマンですと60超えたら
そろそろリタイヤですけど、
ヒロさんはじつに野心的ですね。

今までの「ダサい」「オシャレじゃない」
「シェービングが痛い」といった床屋の
マイナスイメージを払拭するために
新しい理容店を起業したとのこと。

まぁ町の床屋といえば、赤と青の看板が
店先でクルクル回っていて、医者のような
白衣を着たおじさんが髪を切っている
イメージですよね。

たしかに「ダサい」。

ヒロさんの「THE BERBER」は
男性が入りやすい高級感漂う
お店となっているとのこと。

お店の場所も銀座・麻布・渋谷・南青山・
丸の内など今までの床屋がありそうもない
場所ばかり。

気になるお値段は?

かなりいい立地に店舗を構える
「THE BERBER」。

気になるお値段はオーソドックスなカット
シャンプー付きで税別5000円とのこと。

まぁ標準的なお値段ですね。

そのほかにさまざまなオプションがあり、
癒しを与えるヘッドスパなどは
顧客の8割が受けているのだとか。

きっと癒され加減がハンパなくて
リピーターも多いんでしょうね。

最も高級な“プラチナコース”は
カットやその他のオプションが付いて
90分17000円。

きっとリッチなナイスミドルは
こういうコースを利用するん
でしょうね。

既存の床屋とは一線を画す
高級路線の「THE BERBER」。

60を超えてなお意欲的な
ヒロ・マツダさんの挑戦
でもあります。

そんなオシャレな床屋に
一度足を運んでみては
いかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - ビジネス