ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

*

阿部ダイキの文具の値段は?異色の経歴について

   

ハイパー文具クリエイターとして
活躍している阿部ダイキさん。

デザイン性と機能性を両立した
斬新な文具でヒットを飛ばして
います。

気になるお値段は?

阿部さんの会社Beahouse(ベアハウス)
の代表的なヒット商品です。


フリーサイズブックカバー 1620円


どや文具ペンケース (ブラック) 8208円

ブックカバーはともかく文具ケースが
8000円って、いいお値段しますね。

それもそのはず、栃木レザーと国産の帆布を
使用し、さらに職人さんの手作りとのこと。

お値段は高いですけど、ものは確か
ということですね。

ブックカバーが阿部さんのデビュー作で
90個製作したものがわずか1カ月で完売。

ペンケースも初回生産400個が
1カ月半で完売したとのこと。

やっぱりニーズがあり、高品質の商品は
多少高くても売れるという実例ですね。

職人さんの道具入れのようにさっと広げて
まさしく“どや顔”で使えるということで
ネーミングセンスも素晴らしい!

文具類をよく使われる職業の方は
ご購入を検討されてみては
いかがでしょうか。

文系出身のクリエイター

阿部さんは設計士の父と美術教師の母という
まさにクリエイターのDNAを受け継いだ
生まれ。

高校でもデザイン関係を専攻し、大学も
当然、美大を目指していたとのこと。

しかし、美大を目指して通っていた
美術予備校で周りと自分のレベルの違い
を痛感。

結局、大学は文系に進み、卒業後は
営業職のサラリーマンとなります。

そこでかつてのデザイン力を生かした
斬新な企画を提案して採用され、さらには
自ら商品を企画・商品化するようになった
のだそうです。

美大に進んでからデザイナーという道には
挫折したものの、結局進みたい道に戻った
という感じですね。

今は“一人文具メイカー”ということで
アイデアとセンスを生かした文具を
世に送り出しています。

本人いわく“一人文具メイカー”に
なれたのは、「運と縁」とのこと。

まぁそれだけでここまでヒット商品を
生み出せてはいないでしょうから
本人の実力によるところも大きい
のでしょうけど。

これからも世間を驚かすような
斬新でセンスにあふれた文具を
製作していってもらいたいですね。

スポンサードリンク

 - ビジネス