ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

*

ガントリークレーン運転士の年収・クレーンのお値段は?

   

コンテナを船に積んだり、降ろしたりする
ガントリークレーン。

港によくあるでっかい
クレーンですね。

年収はいくら?

クレーン運転士の年収の平均が
約460万円ほど。

ガントリークレーンは、
高所での特殊な現場であるため、
待遇は比較的いいとも言われています。

会社によって違いはあるのでしょうが、
経験者であれば500万円は堅いのでは
ないでしょうか。

ガントリークレーンのお値段は?

多少の違いはあれど1基で
10億円以上はするとのこと。

石油王でもない限り、衝動買いできるような
代物ではないですね。

国内の主なメーカーは三菱重工業や三井造船
IHIなど。

ご所望の方は上記の会社まで
お問い合わせください。

ガントリークレーン運転士になるには?

ガントリークレーンの運転士になるには
クレーン・デリック運転士免許が必要。

国家資格です。

取得には学科のほか実技試験もあり
研修施設で技能の研修を受ける
必要があります。

自動車と同様、免許取得には10万円以上
かかるそうです。

免許取得後は運転士を募集している会社に
入ること。

実務経験があればすぐに現場を任される
でしょうが、初心者は見習い期間を経て
から現場に配属となるようです。

どんな仕事?

船からコンテナを降ろしたり、
逆に積み込むなどの作業。

地上60メートルの運転席での
高所作業になります。

高所恐怖症の方はまずNGですね。

しかも、高所のため風によって
かなり揺れるのだとか。

さらに荷物を持った瞬間に重みで運転席が
前に沈むのだそうです。

想像するだに怖い現場ですね。

ただ、高所のため空気はきれいで
騒音も少なく、なにより眺めが最高。

単純作業ではあるので飽きることはある
ようですが、長く勤めるにはいいかも
しれませんね。

慎重を要する作業のため肩が凝るそうですが
これぞ職人の仕事という感じがしますよね。

特殊技能を要する仕事なので
安定もしていそう。

興味のある方はガントリークレーン運転士を
目指してみてはいかがでしょうか。

まずは、免許の取得から。

スポンサードリンク

 - ビジネス