ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

*

齋藤峰彰(セゾンファクトリー)の出身校・経歴・家族は?

   

全国の高級ホテルや百貨店にジャムや
ドレッシング・飲料などを卸している
セゾンファクトリー。

その社長を務めるのが
齋藤峰彰(みねあき)さんです。

実家の窮地から起死回生

齋藤さんは山形県高畠町の出身。

県内有数の進学校である米沢興譲館高校から
東京農業大学農学部へ進学。

実家が醤油製造業をしており、
その跡を継ぐため農大へ進みましたが、
父親が借金の連帯保証人となっていた相手が
事業に失敗し、実家も経営危機に。

齋藤さんは大学を中退し帰郷。
実家を手伝うものの醤油製造は廃業。

あとには借金が残り、それを返済すべく
ジャムを製造するセゾンファクトリーを
弟と一緒に創業。

ジャム製造を始めたきっかけは
学生時代に食べた長野のブドウジャムが
非常においしかったという経験が
元になったのだそうです。

工場創設の際には自らブドウ畑を
整地までしたのだとか。

ちなみに「セゾン」とは
フランス語「saison」で
「季節」の意味。

英語の「シーズン」に近い
言葉ですね。

かつての西武系セゾングループとは
一切関係ないそうです。

その名の通り季節の素材を生かした
高級志向の加工食品を製造・販売。

今や高級ホテルや大手百貨店も
御用達となっています。

借金を背負ってマイナスからのスタート。

地元のしがらみで破産もできない状態から
始めたセゾンファクトリーで
齋藤さんは見事に成功を収めました。

家族について

前述の通り齋藤さんの生家はかつて
醤油製造業をしていました。

3人兄弟で齋藤さんが長男。

次男の方は幼くして早世。

セゾンファクトリーを一緒に創業したのは
9歳年下の三男・明彦さん。

明彦さんが初代の社長を務めていましたが、
49歳の若さですでに亡くなられています。

現在、齋藤さんが社長を務めているほか、
副社長を息子の雅一さんが務めています。

商品はどこで買えるの?

百貨店でも大人気という
セゾンファクトリーの商品。

ネット通販でも購入可能です。

セゾンファクトリーのWEBショップ

「にんじんドレッシング」は
TBS「マツコの知らない世界」
でも取り上げられました。

商品全体的に自然の素材を使っていて
体に良さそうですよね。

中国製の食品に不信感が高い中、
純国産のセゾンファクトリーは
味も品質も折り紙つき。

お財布の中身と相談しながら
ご利用になってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - ビジネス