ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

*

安藤徳隆が日清食品の社長に!祖父・父と続く創業家一族

   

このほど日清食品の社長に創業家の
安藤徳隆専務が就任。

日本を代表する食品加工会社の社長に
37歳の若さで就任となりました。

三代目社長の真価は?

安藤氏は慶応大大学院理工学研究科を修了。

慶応ボーイというのがいかにも
大手企業の御曹司という感じですね。

ちなみに父で現社長の宏基氏も
慶應義塾大学商学部を卒業。

2007年に日清食品に入社し、
いきなり経営企画部部長に就任。

翌年には執行役員、取締役に
就任しています。

さすが創業家の御曹司は
待遇が違いますね。

2010年から日清食品ホールディングスの
専務取締役を務めています。

今までテニスの錦織圭選手との所属契約や
サッカーのマンチェスター・ユナイテッド
とのスポンサー契約などスポーツ関係の
マーケティングに手腕を発揮してきた
のだそうです。

ただのボンボンではない
ということでしょうか。

それにしても、37歳での社長就任は
どう見ても若いですね。

しかし父の宏基氏もじつは1985年に
同じく37歳の若さで社長に就任。

「打倒カップヌードル」をスローガンに掲げ
大胆な社内改革を断行しています。

若いうちから経験を積ませて
一人前にしていくという家訓でも
あるんでしょうか。

ズブズブの一族経営ですけど、
日清はDNAで経営者を選ぶという
ことなんですね。

近年の会社経営とは逆行していますけど、
それで成り立っているならそれでも
問題はないというところでしょうか。

ちなみに安藤氏の妻は
コクヨの黒田章裕社長の長女。

紛れもなくセレブ婚ですねぇ。

「政略結婚か?」とか勘繰って
しまいますが、まぁ余計なお世話ですね。

徹底した一族経営

日清は安藤氏の祖父である
百福(ももふく)氏が創業。

安藤氏の伯父に当たる宏寿氏が
二代目の社長を務めていました。

しかし、父・百福氏と対立し、
追われるようにして社長を退任。

百福氏が社長に復帰したあとに
安藤氏の父・宏基氏が社長に就任。

一族経営にありがちな“お家騒動”が
日清にもあったんですね。

現在、安藤氏の弟・清隆氏も日清食品HDの
取締役で中国社の責任者。

宏基氏の妹の夫・堀之内徹氏は日清食品HDの
監査役を務めています。

さすが経営陣を身内で固めていますね。

今回の安藤氏の日清食品社長就任を見ても
一族経営はもはや社是なのではでしょうか。

さて、若社長の就任で日清が今後どのように
変わっていくのか。

良くも悪くも注目ですね。

スポンサードリンク

 - ビジネス