ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

*

田中光(体操)は結婚しているの?嫁は誰?

   

1996年のアトランタ五輪に出場した
元体操選手の田中光さん。

難易度Eの技「TANAKA」は
田中さんのオリジナル技
でもあります。

家族について

2007年に元エアロビック選手の
宮田芳美さんと結婚。

お子さんもいらっしゃるようです。

田中さんと奥さんの芳美さんは
テレビ東京「おはスタ」で共演。

それをきっかけにエアロビック競技で
ペアを組んで2005年の世界選手権に出場。

7位に入る健闘を見せました。

エアロビックがつないだ縁だったんですね。

生まれたお子さんはすごい身体能力
受け継いでいそうですよね。

否が応にも期待してしまいます。

現在の仕事は?

田中さんは吉本興業に所属。

タレント活動のほか流通経済大学の
教授も務めており、同時に
洗足こども短期大学客員教授も
務めているそうです。

そこでは幼少児教育・健康教育・介護予防
といったテーマで研究・指導を行っている
のだそうです。

また、田中光体操クラブを主宰し、
小さい子供向けの体操教室も
やっています。

意外に幅広く活動されているんですね。

メダリストではないにせよ世界で戦った
元体操選手ですからいろいろな引き合いが
あるんでしょうね。

じつは大変な苦労人

田中さんは和歌山県の出身。

サラリーマン家庭でしたが、
両親が田中さんの運動神経の
良さを見て体操を始めさせたのだ
そうです。

その見立ては間違っておらず
メキメキと上達。

しかし、体操教室は車で片道3時間半
だったため、週1回程度しか通えなかった
のだとか。

徐々に体操から離れていきそうに
なりますが、ロサンゼルス五輪で
活躍する森末慎二と具志堅幸司を
テレビで目にすると体操への
意欲が再燃。

体操をするため大阪の名門・清風中学校へ
進学します。

3年間、努力を重ね全日本中学体操競技
選手権大会で優勝。

しかし、清風高校1年の頃に父親が
他界してしまいます。

高校を中退して働くことも考えますが、
母親の「体操を続けなさい」という
ひと言で翻意。

体操のエリート街道を歩んできたのかと
思いましたが、さまざまな障害を
乗り越えていたんですね。

母親の支援もあって筑波大学に進学。

バルセロナ五輪をめざして練習に
励んだものの、直前に疲労骨折。

出場のチャンスを逃してしまいます。

アンラッキーですね。

現役引退まで考えたそうですが、
スポンサーが見つかり、
日本体育大学大学院へ進学。

練習に励み、1996年ついにアトランタ五輪に
出場を果たします。

個人総合19位と成績は振るいません
でしたが、困難を乗り越えての
オリンピック出場は本人にとって
喜びもひとしおだったんでしょうね。

現在の体操教室は競技力を向上させるような
本格的な内容ではないみたいですが、
いつかメダリストを輩出するような
スクールで指導してもらいたいですね。

田中さんの体操指導者としての
今後の活躍に期待したいですね。

スポンサードリンク

 - スポーツ