ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

*

シェーグレン症候群になった芸能人は?治療方法は?

   

ドライアイや口・鼻の中の乾きなどの
症状が出るシェーグレン症候群。

おもに中高年の女性の罹患率が高いと
言われています。

あの有名女優もシェーグレン症候群

女優の菊池桃子さんもシェーグレン症候群
であることが2年ほど前に報じられました。

早期の発見で治療ができたため
仕事や日常生活への支障はない
とのこと。

また、歌手の和田アキ子さんも
シェーグレン症候群の可能性がある
ことを告白しています。

やはり女性がかかる病気なんですね。

治療方法は?

シェーグレン症候群そのものを
根本的に治療する方法は
今のところないのだそうです。

全身のさまざまな場所に症状が出ることから
その症状に応じて対症療法を施すのだ
そうです。

つまり目が乾けばその治療をし、
口が乾けばその治療をという感じですね。

東京都などの自治体では
難病指定されている病気ですので、
根治はやはり難しいんですね。

今のところは病気と上手く付き合っていく
というのがベストな選択のようです。

原因は?

シェーグレン症候群はスウェーデンの
シェーグレン医師の名前に由来しています。

体の免疫機能が異常に働き、自身の体を
攻撃してしまうのがこの病です。

このような病気を「自己免疫疾患」
というのだそうです。

ではなぜシェーグレン症候群に
なってしまうのかという
そもそもの原因はまだ解明されて
いません。

統計によれば40~60代の女性の発症が
多いことと、患者数は7万人とのこと。

患者数については自覚がないだけで
潜在的な患者もいるとされています。

症状はさまざまで目の乾きや口の乾き
以外にも皮膚の乾燥や疲労感、発熱、
関節の痛み、脱毛、めまいなど
さまざま。

この症状なら「風邪かな?」くらいにしか
思わないかもしれませんね。

もしかかってしまったら?

前出の通り、根本的に治す方法がない以上は
症状を抑えながら付き合っていくしか
ないですね。

慢性的な病ですので、良くなったり
悪くなったりを繰り返すそうですので、
医師と相談しながら気長に構えたほうが
いいでしょう。

40代から60代の女性の方で
思い当たる症状がある方は
一度医師の診察を受けてみては
いかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - 国内ニュース