ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

*

尾方剛(広島経済大学監督)の箱根駅伝での成績

   

陸上の長距離選手として
活躍した尾方剛さん。

2012年に現役を引退し、
現在は中国電力社員で
広島経済大学陸上競技部の
監督を務めています。

箱根駅伝で大活躍

広島県立熊野高校から
山梨学院大学へ進学。

2年生のときに最後の10区を任され
山梨学院の2度目の総合優勝の
ゴールテープを切りました。

このとき10区で区間賞も獲得。

2年生にして大学生ランナーとしての
絶頂を迎えていました。

ところがその後は成績が低迷。

ストレスから来る全身脱毛症にまで
なってしまったのだとか。

やはり早熟な選手はその後の競技人生で
苦労するんですね。

社会人での活躍

1996年中国電力に入社。

学生の頃は低迷していましたが、
社会人になってその才能が
徐々に開花。

2001年のベルリンマラソンで4位入賞。

2002年の福岡国際マラソンでは2位に
入りました。

いずれも日本人最高の順位。

世界で戦えるトップランナーの仲間入りを
果たしたわけですね。

2004年の福岡国際マラソンでは
ついに優勝。

翌年、世界陸上ヘルシンキ大会の
男子マラソンで銅メダルを獲得。

完全に日本の男子マラソンのエースですね。

2008年の北京五輪にも出場を果たしますが、
高速レースについて行けず13位。

それでも日本人選手の中での
最高順位ではありました。

ロンドン五輪への出場を懸けて
思い出の福岡国際マラソンに臨みますが、
自己ワースト記録でレースを終え、
2大会連続出場はなりませんでした。

そして翌年の2012年に現役引退。

学生の頃から社会人になるまで成績に
伸び悩む時期もありましたが、
ピーク時には間違いなく屈指の
ランナーとして君臨しました。

尾方さんを育てた中国電力陸上競技部監督の
坂口泰さんは尾方さんを「努力の選手」と
評しています。

才能もあったんでしょうけど、
陰で相当な努力していたという
ことなんでしょうね。

今は広島経済大学の監督。

指導者として優秀なランナーを
輩出していってもらいたいもの
ですね。

そして、いつか広島経済大学が
箱根を走ることができたら
いいですね。

スポンサードリンク

 - スポーツ