ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

*

日本料理「まき村」(ミシュラン三つ星)ってどんなお店?

   

ミシュランガイド東京2015で二つ星から
三つ星に昇格した日本料理の「まき村」。

東京・品川にあるお店です。

看板メニューは鯛茶漬け

このお店の看板メニューが「鯛茶漬け」。

天然物の鯛の身を胡麻ダレで味わったあとに
昆布だしでお茶漬けに。

新鮮な鯛の味を2度違う味で楽しめてしまう
という趣向を凝らした料理です。

ご飯に使う米は新潟県魚沼産のコシヒカリ。

素材が厳選されていますね。

たかがお茶漬けなんて言えないほどに
高貴な料理に仕上げています。

季節に合わせた懐石

この「まき村」の店主が牧村彰夫さん。

実家がお寿司屋さんだったそうで、
子供の頃から料理に興味があった
のだそうです。

この道に進むのは必然だったのかも
しれませんね。

赤坂の料亭「長谷川」で修行。

この道35年以上のベテランです。

お店のメニューは季節に合わせた素材を
生かした懐石のみ。

席数は14で人数に応じて個室を用意できる
とのこと。

かなりこじんまりとしている印象ですが、
こだわり抜いた料理を提供するのには
このくらいの規模が限界なんでしょうね。

平均的な予算は10,000円から20,000円
とのこと。

懐石料理のお店にしてはお手ごろな
料金設定じゃないでしょうか。

口コミ・評判は?

ネット上での評判は上々。

ひとつひとつの料理が素材にこだわり、
洗練されていて文句なしにおいしい
とのこと。

場所が品川区の大森で、下町の工場が
近くにあるというような、おおよそ
ミシュランガイドの料理屋がある
雰囲気じゃないという声が聞かれます。

いわゆる隠れ家的なお店なんですね。
まぁミシュランに出てる時点で隠れて
ませんけど。

お店の外観は非常にシンプルでデザイン性が
高く、センスを窺わせます。

暖簾のある入り口も少し奥まっていて、
思わず通り過ぎてしまいそう。

一見して、超高級料亭ではないけれども、
ただの料理屋じゃないという雰囲気が
にじみ出ていますね。

大森海岸駅から徒歩6分。

お値段も比較的お手ごろですので、
一度ご利用になってみてはいかが
でしょうか。

当日予約は断られるとの情報も
ありますので、数日前にあらかじめ
予約しておいたほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

 - 国内ニュース