ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

*

競艇選手・池田浩二の生涯獲得賞金は?

   

2013年の賞金王にも輝いた競艇選手の
池田浩二選手。

スタートダッシュとウイリーモンキーを
武器に今まで数々のレースを制して
きました。

獲得賞金額がハンパない

生涯獲得賞金額はおよそ15億円。

1978年生まれで2014年現在、36歳。
同世代のサラリーマンでこんなに稼いでいる
人はそういないでしょう。

2013年の獲得賞金だけでも約2億円。
いやぁ稼ぎまくっていますね。

2011年にはオールスター・笹川賞、
ダービー・全日本選手権、
グランプリ・賞金王と、
競艇SG・三冠大競走の
三大タイトルを獲得。

そのほかにも毎年のようにタイトルを
獲得しています。

これだけ活躍していればその賞金額も
納得ではありますね。

競艇もスポーツであり、決してお金だけでは
ないですが、次世代の選手や子供たちに
夢を与えるためにも池田選手にはこれからも
ガンガン活躍して稼いでもらいたいですね。

経歴と競艇を始めたきっかけ

愛知県常滑市出身の池田選手。

競艇好きな叔父さんに連れて行かれた
競艇場で初めてレースを見たのだとか。

叔父さんにしてみればまさか甥っ子が
競艇選手になるなんて思ってもみなかった
でしょうね。

競艇の研修所である本栖研修所から
鳴り物入りでデビュー。

デビューの年にいきなり勝率5点オーバー。

新人なら4点取れれば優秀だと言われる中、
まさに非凡の才を見せ付けました。

2003年、デビューから6年目の25歳のときに
グランドチャンピオン決定戦に優勝し、
SG初制覇。

ちなみにSGは「Special Grade」の略で、
競艇の最高クラスの格付けを意味します。

まさに競艇界のスターが誕生した
わけですね。

必殺技「ウィリーモンキー」

90年代後半から競艇界で目にすることが
多くなった“モンキーターン”。

このテクニックの登場でそれまでの競艇が
大きく変わったと言われています。

しかし、今やスタンダードになりつつある
モンキーターン。

誰もが当たり前に習得していますが、
池田選手はこれをさらにアレンジ。

舳先(へさき)を持ち上げるようにして
抵抗を減らす独自のスタイル、
「ウィリーモンキー」を編み出しました。

このウィリーモンキーを武器に競艇界の
トップをひた走る池田選手。

3人のお子さんがいる父親でもあります。
一番下のお子さんは昨年誕生したばかり。

体力が続く限りがんばると語る
池田選手ですが、まだ小さい娘さんの
ためにもまだまだ力走を続けてくれそう。

これからどれだけの記録を残して
いってくれるか、期待したいですね。

スポンサードリンク

 - スポーツ