ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

*

大間のマグロ漁師の年収はいくら?

   

大間のマグロといえば高級マグロとして
有名ですよね。

初セリで1億円以上の高値がついたなんて
よくニュースにもなっています。

1億円のマグロで漁師の取り分は?

テレビのドキュメンタリーなどにも
よく登場する大間のマグロ漁師。

セリで値がつけられると漁協や市場への
手数料などが引かれた上で、だいたい
その8割が漁師の収入になるのだ
そうです。

1億円のマグロだったら8000万円が漁師の
収入になるというわけですね。

過去に初セリで1億5000万円という値が
ついたことがありましたから、
1億2000万円が漁師の収入になった
ことになります。

1匹のマグロがこんな金額になるなんて
まさに宝石並みですね。

マグロ漁師はリスキーな商売?

とはいえ、いつもこんな値段がつくわけでも
ないですし、当然マグロが獲れないことも
あるわけなので、マグロ漁師も不安定な
商売です。

波の高い海に出ることもありますから
危険も付きもの。

さらに掛かる経費も馬鹿になりません。

一日漁に出るだけで燃料代が3万円かかる
のだとか。

数年来、燃料代が高止まりしていましたから
マグロが獲れなければそれだけで赤字に
なってしまいますね。

そのほかにも船の維持費や今はソナーなんか
使って魚群を追いますからそういった設備費
も掛かります。

最新の設備をそろえて投資したからといって
豊漁が約束されるわけでもないですから、
やっぱりシビアな世界ですね。

しかし、マグロ漁師も年がら年中マグロを
追いかけているわけではないとのこと。

マグロが大間にやってくるのは
通常7月上旬~12月下旬の4~5ヶ月程度。

それ以外の時期はイカやブリ、タコなど
ほかの漁をして稼いでいるのだそうです。

じつはマグロは獲れなくても、それ以外の
魚で儲けている場合もあるということ
ですね。

番組で漁師に密着しているなかで、
何年もマグロが釣れてないみたいなこと
言ってましたが、それでも生活できていた
のはそういうわけなんですね。

漁師の平均年収

漁師の平均年収は200万円程度だと言われて
います。

いろいろな種類の漁師がいるので
みんながみんなこの程度というわけではない
ようですが。

規模の大きさによっても水揚げ量に違いは
ありますよね。

なぜか見てしまうドキュメンタリー

まぁしかし、大間のマグロ漁師の
ドキュメンタリーはなぜか見入ってしまう
ドラマ性があります。

まったく釣れないおじいさんの漁師、
「と、その時!」みたいなナレーションに
ついついCM明けまでチャンネルそのままで
完全にこっちが釣られちゃうんですよね。

心のどこかで「釣れてほしい」と
応援しちゃうんですよね。

大間の高級マグロを口にすることはまずない
でしょうけど、これからもマグロ漁師の
みなさんにはがんばってもらって、
またドキュメンタリーで楽しませて
もらいたいものです。

スポンサードリンク

 - ビジネス