ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

*

肝臓ガンになった芸能人、ガンの原因・対策について

   

人間最大の臓器・肝臓にできる肝臓ガン。

「沈黙の臓器」とも言われる臓器であるため
初期症状がほとんどないという特徴が
あります。

この肝臓ガンに冒された芸能人も数多く
います。

まず俳優の石原裕次郎さん。

映画やドラマに活躍した言わずと知れた
大スターでしたが1984年に肝臓ガンが
見つかります。

その後は入退院を繰り返し、1987年に
52歳の若さで亡くなりました。

「男はつらいよ」でもお馴染みだった
俳優・渥美清さんもその一人。

1991年に肝臓ガン見つかりそれが肺に転移。

手術できないほどガンが広がってしまった
そうで、1996年に死去。

ガンを患っていた最中も撮影を続け、
最後まで「男はつらいよ」の次回作に意欲的
だったそうです。

同じく俳優の緒形拳さん。

名優として数多くのドラマや映画で活躍
されました。

慢性肝炎を患い、肝硬変、肝臓ガンへと進行
してしまったそうです。

やはり病を押して、意欲的に仕事を続けて
いたそうで、2008年に亡くなるまで一度も
入院はしなかったとのこと。

最近では演歌歌手の島倉千代子さん。

1993年に一度、乳ガンに罹り手術。

肝臓ガンが見つかったのは2010年。

手術と入退院を繰り返す生活を送られていた
そうですが、2014年にデビュー60周年を
迎えることから復帰には大変意欲的だった
とのこと。

死の3日前までレコーディングをされていた
のだとか。

2013年に亡くなられました。

女優の川島なお美さんも肝内胆管ガンで
今年1月に密かに手術を受けていました。

ガンが見つかったのは昨年8月で当初は手術を
せずに治療していたとのこと。

結局手術したのは経過が良くなかったん
でしょうね。

今はお元気になられて活躍されています。

さて、じつは肝臓ガンの原因の80%近くは
肝炎ウイルスによるものなのだそうです。

肝炎にはA~Eまでありますが、ガンの原因に
なるのはB型とC型。

これにかかると慢性肝炎や肝硬変にかかり、
ガンへと進行しやすくなります。

緒形拳さんはまさにこのケースですね。

ふつうに生活していれば感染することは
ありませんが、予防策としてはとにかく
血液感染させないこと。

同じカミソリや歯ブラシなどを人と
共用しない。

また感染者との性交渉は避けるなど。

肝炎になった際は当然のことながら
飲酒は禁止。

飲酒によって肝臓の炎症が進行してしまう
のだそうです。

また発ガン率を高めてしまうため、ふだんの
飲酒の量にも注意が必要です。

もし、肝炎に罹ったとしても薬で治療が
可能です。

インターフェロンという有効な薬が
あるそうで、血中の肝炎ウイルスを減少
させることができるのだそうです。

放って置かずに、適切な医師の診断を受け
ましょう。

健康診断などでも肝炎ウイルス検査を行って
いますので、そういった検診を受けるのも
早期発見に役立つでしょう。

過去に訴訟にもなった血液製剤の
フィブリノゲンを使用されたことのある
60代~70代の方は特に検査されたほうが
いいかもしれませんね。

初期症状がほとんどないだけに、検診は
必須といっていいでしょう。

原因が分かっているガンだけにふだんから
気をつけておきたいものですね。

スポンサードリンク

 - 芸能人