ニュース蔵

気になるニュースの裏側まで追いかけちゃいます!

*

2013年ロシアに隕石が落ちた決定的瞬間!

      2014/11/04

movie_008

2013年2月15日、ロシアに落ちた大隕石。

その決定的瞬間を収めた動画です。

落ちてくる途中で何度も爆発。

昼間にもかかわらず、さらに目が眩むような
閃光を上げながら地上に落下。

4500棟の建物が破損し、1100人が重軽傷を
負う大惨事となりました。

それもそのはず。
その爆発の威力は広島型原爆の30倍!

「わぁきれいだなぁ」なんて思っているのは
隕石が落ちた周辺以外の人たちだけでしょう。

ロシアというお国柄だけに「空爆」と勘違い
した人もけっこういたみたいですね。

では、こういう隕石を事前に察知できない
ものなのでしょうか?

NASAでは地球周辺の直径10キロクラスの
小天体の動きはほぼ把握しているそうですが
直径50メートルほどの大きさのものは
その1割程度しか把握できていない
とのこと。

直径50メートルでも街ひとつ余裕で消し飛ぶ
そうです。

しかし、分かったところでミサイルで
破壊するとかできるわけじゃないので、
どうしようもないんですけどね。

まぁつまり、今日という日を悔いなく過ごす
というのが一番でしょうね。

スポンサードリンク

 - ピックアップ動画